spacer    
     
スペース
Home Page Image
 

集客作業はネットショップ運営には欠かせません。集客にはいろいろな方法がありますが、ポイントは「地道にコツコツと。」

 
spacer
 

ネットショップを運営する方法としていま最も行われる方法がショッピングカート機能をレンタルし、ショップの構築から運営まで全てを行う方法です。
しかし、これを利用していどんなに素晴らしいネットショップを作っても、素敵な商品を用意しても、そのショップの存在自体を知ってもらわなければ売上げにはつながりません。インターネット上に自分のショップをのせてさえしまえば多くの人の目につくと思ったら大間違いです。そこで自分のショップの存在を知ってもらい、来店してもらうまでには地道な集客作業がどうしても必要になってくるのです。逆に言えば集客作業はやればやった分だけ実を結ぶというもの。その分やりがいがあるとも言えます。
一言で集客方法といってもあらゆる方法があります。それらを一度にこなそうとせず、出来るところからやってみてください。多くのショッピングカートではこれらの集客機能が備わっていてバックアップしてくれますので、難しい専門知識がなくても簡単な作業で集客作業が出来るようになっているのであまり難しく考える必要はありません。 ここで主な集客方法とその内容、重要度、集客作業の難易度をまとめてみました。

集客方法 重要度 難易度 集客内容
SEO
(検索エンジン対策)
ネットショップの集客作業の基本中の基本です。新規のお客様の多くはGoogleやYahoo! JAPANの検索エンジンを利用してこられるので、検索結果で上位表示させる事がなによりも大切。SEOとはその為の細かな作業のことで、HTMLなどの専門知識が必要になってきます。ほとんどのショッピングカートではこれらの知識がなくてもSEOに必要な商品名やキーワードなどを一括登録してくれたり、代行ービスが用意されているところもあります。
リスティング広告 GoogleやYahoo! JAPANでの検索結果のページにショップの広告をのせることができます。クリックされた分だけ広告費が発生するので費用の無駄がなく、固定費や最低契約期間もありません。Google AdWordsなどに申し込む必要があります。
SNSとの連携 ショップブログ、facebook、Twitterなどを利用してショップの存在や新商品などのアピールをします。その情報はSNSのネットワーク力によって瞬く間に広がっていきます。業務日誌感覚で更新していくとどんな人が運営しているのかなど、ショップの状況が伝わり、より身近で信頼感をもってもらうこともできます。大事なのはマメに更新すること。これはショップに元気がある事をアピールすることと同時にSEO的にもとても有利なことになるのです。
メールマガジン 一度購入してくれた顧客やメルマガ登録者にショップのリピーターになってもらう為にはとても効果的な手段です。顧客やメルマガ登録者全体への配信、購入品や購入回数、年齢や性別などで絞り込んだセグメント配信など、細かく分けた配信によって配信の目的を達しやすくなります。配信の頻度や文章の内容などにも気を配りましょう。
アフィリエイト A8.netやバリューコマースなどのアフィリエイトサービス会社と契約し、そこで登録しているアフィリエイターに自サイトで商品を宣伝してもらったり、広告を表示してもらいます。そこを通して商品購入や資料請求などがあった場合のみ、広告費を払う方法ですのでリスティング広告同様、費用の無駄がなく、費用対効果が高い広告方法です。
人気サイトへの出品 ECナビ、価格.com、Yahoo!ショッピングなどの大手サイトに商品を出品し、自ショップへの来店を促す方法です。ショッピングカートによっては大手サイトにまとめて自動出品してくれるサービスを行っているところも多く、手数料はかかりますが、新規顧客獲得につながりやすいツールです。
独自ドメイン利用 ネットショップを運営するなら独自ドメインでの運営をおすすめします。独自ドメインだと短く覚えやすいドメインにすることができますし、ブランド感、信頼感につながります。また、万が一ショッピングカートを他のものに乗り換えた場合でも独自ドメインならそのまま使えますし、年月が経てば経つほど独自ドメインはSEOに有利になってくるものなのです。
プレスリリース これは新聞や雑誌などのメディアに、新商品などの情報をメールやFAX等で配信する方法です。配信先のメディアが関心を持ってくれればそこで紹介してもらえます。配信専用の代行会社もあり、手数料はかかりますが一度メディアで紹介されれば大きな売上げUPに繋がりますので多くのショップで利用しています。
スマートフォン対応 スマートフォンや携帯電話からのインターネット利用者の数がパソコン利用者の数を抜く勢いで急増している昨今、スマートフォン対応のショップを作らないなんてもったいないです。ほとんどのショッピングカートではパソコン版ショップとモバイル版ショップを自動連動させているサービスを行っていますので有料オプションだったとしてもぜひ利用しましょう。
ショッピングカート独自の集客システム 国内大手のショッピングカートをレンタルしているサービス会社では独自の集客システムが設けられているところが多くなってきています。カラーミーショップの「カラメル」、Eストアーショップサーブの「ショッピングフィード」、メイクショップの「アイテムポスト」などです。自社ショッピングモールや他の大手サイトに商品を出品したりSNSと連携するなどしてショップへの送客に一役買ってくれます。

このように、ネットショップへの集客方法はさまざま。やればやるだけ効果が現れてくるものです。ただ、売上げUPにとって集客作業はとても重要といえど、ネットショップの運営には商品開発や顧客管理、その他たくさんのやるべきことがあります。何事もバランスが大切です。また、集客作業を行ったからといってすぐに効果が現れるものでもありません。数ヶ月は全くお客様が来店してくれない事もめずらしくはありません。しかし、無理なく地道にコツコツと集客作業を続けていれば必ずお客様はやってきてくれますので、諦めずに頑張って続けてください。
ネットショップをまず作りたい方は→www.cfa-aem.com「レンタルサーバーを借りてショップ構築」
どうしてもすぐにショップの存在を多くの人に知ってもらいたい、または集客作業に時間をかけたくないという方はショッピングカートレンタルサービス会社で用意されている集客代行サービスなどを利用する方法もあります。決して安い代行費用ではありませんが、プロが経験と実績を元に、確実に集客UPに繋げてくれますのでその結果、売上げUPにも繋がっていくことでしょう。
 

   
spacer
     
copyright ネットショップの集客手段 all right reserved.